読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

去年の事。心配事、楽しい事。

明けましておめでとうございます。
去年は本当に本当に色々あって全然予想もしなかった方向に、けど自然に色んなことが繋がっていっている様な一年でした。


一番変わったのは「交友関係」

仕事やイベントを通じて、それまでは想像もしなかった人達と出会うことができました。
何と言うか、去年会った人達はみんな「協力的」「楽しんでる」「やりたい事の実現方法やコネクションを持っている」人達が多かったので、今まで「全部やらなきゃ」とか思ってたことが「あの人に任せておけばいいや」という風に考え方も変わっていきました。
そんな風に考え方が変わるとすごく面白くって、今まで出来なかった事が出来たり意外なところで形になったりと「自分が出来ると思っていたことの限界」を超えることがよくありました。


一番心配したのは「お金」

去年始めからふとした拍子にフリーランスとして活動を始めたものの、営業なんてやった事がない自分は本当にどうして良いか分からず、「どこに売り込んだら売れるんだろう?」だとか「幾らぐらいの価格が妥当?」「税金って幾ら掛かるの?」「本当に自分がやりたい事ってどんな事?」だとか、今まで勉強していなかった分野や自分の事を見つめ直すのにとても良い機会でした。
本当にこの一年間はお金や仕事のことばっかり考えていた気がします。
この心配は会社に勤めていた時は全然無くって毎月お金って銀行に振り込まれるもんだと思っていた自分にとっては、もうこれからもずっと心配し続けることだと思います。

このお金についての問題は、結構メンタル面にも響くので、「みんなどう考えてるんだろう?」って考えた結果、大きく3つの状態に分類出来るんじゃないかなと思いました。

一つ目は「お金は毎月銀行に振り込まれる」と思っている状態。
会社で働いていると毎月給料として入ってくるし、経理は担当者がいるのでキャッシュフローがまわってるかとかお金は全部回収できているかだとかの心配はしなくて良い。
ただその分お金に対する危機感も希薄だから、いざという時に困る場合もある。

二つ目は「お金の事が心配で、一日中ずっと心配し続けている」状態。
これだという売り方も定まらず、なかなか自信が持てない。
自信が持てないというのがメンタル面に響いて無意味に不利な状況に追い込まれたり、無意識のうちに視野が狭くなって来ている。
去年の自分はこの状態でした。
良かった点は「ある一定の緊張状態を保てる」といったところ。
自分はプログラムを書く事しか出来ないので「いかに早く確実に品質が高いモノが作れるか」といった事を考え続けていました。

三つ目は「お金は心配だけど、それを乗り越えて前に進んでいく」状態。
去年会った人達で会社をやっている人達にこんな感じの印象を受けました。
きっと色々失敗しつつも挑戦し続けることによって何らかの答えや成功体験を得られたのだろうと思う。


来年は前に進み続ける年にしよう。
色んなことを心配しつつも楽しんでいく。


あと今年は去年に引き続きイベントを色々やっていきたいです。
イベントを通して知り合える人って一緒にいて本当に色々と勉強出来るのでとても楽しいと思います。
個人的には自分がやりたいことじゃなくてみんながやりたかったことや知りたかったこと、出会いたかった人たちに会えるイベントができたらいいなと思っています。


昨年はお世話になった方々本当にありがとうございました。

今年は一月からまた自分の周りの環境が色々と劇的に変化するはず。
本年も宜しくお願いします。